軽量フレームは、軽くするために余分なデザインがなく、地味になりがち。


流行のデザインフレームは、そのデザイン性が仇となり、重くなりがり。


形状記憶フレームは、優れたバネ性の素材が難であり、加工・接合がうまくない。


チタンフレームは、軽量でアレルギーレスですが、しなやかなバネ性がない。


外国ブランドフレームは、おしゃれですが、日本人の頭部にはフィットしない。


某安価フレームは、・・・・・ですが、全てにおいて満足できない。

そんな、お悩みの方に


 

(*1)五本線のクィンテット、4本線のカノン、3本線のトリオ、などがあります。

(*2)次世代のチタン合金。金属研究の世界的権威である東北大学金属研究所と日本素材株式会社、シャルマンの10年に渡る共同開発の結果完成しました。また、この新素材の搭載したブランドは、ふくい産業支援センターの協力のもと、大阪大学接合科学研究所、シャルマンの5年もの共同研究により実用化にいたった最先端の光加工技術(微細レーザー接合)を駆使し、始めて製品化が可能となった素材です。